no title
1:
 フジテレビは17日、俳優の渡瀬恒彦さん(享年72)の訃報を受け、今月24日に追悼番組として、
渡瀬さん主演の新作ドラマ『判事失格!? 弁護士夏目連太郎の逆転捜査』(後7:57~)を
急きょ放送する。予定されていた市原悦子主演の『さよなら!おばさんデカ 桜乙女の事件帖 
ザ・ラスト』は延期とし、放送日時は決まり次第発表する。

 同ドラマは、2014年に撮影されたもので、今回が初放送。渡瀬演じる弁護士・夏目連太郎と、
同じく弁護士で超優秀&しっかり者の娘、夏目沙月(本仮屋ユイカ)の“デコボコ弁護士親子”が、
事件に真相に迫るミステリー。

 優秀な判事だったものの、判決の遅さが原因で再任拒否となり弁護士へ転身した“判事失格”という
異色の経歴をもつ連太郎は、利益を追求せず、納得するまで真実を追い求める泥くさい弁護士。
そんな父親を少しクールに見守る娘の沙月は、結局いつも父親のペースに巻き込まれて
一緒に捜査を進めることになる。事件の真相に迫るシリアスな内容はもちろん、弁護士親子の
やりとりをはじめとするコメディー部分との絶妙なバランスもドラマの魅力の一つとなっている。

 不動産会社で貸金業を営んでいた社長夫妻、寺川隆志(市川勇)と美登里(竹下明子)が事務所で
殺害されていた。室内は荒らされ、金庫は開いたまま。そして床には美容院の割引券とカプセルが
転がっていた。現金目的の強盗殺人か? 数日後、美容院勤務の甲田雅文(蟹江一平)が逮捕される。
現金を盗んだことは認めたものの、夫婦殺害に関しては容疑を否認。しかし、裁判で無期懲役の
判決が下されてしまう。それでも無実を主張し続ける被告人の甲田。えん罪の可能性はあるのだろうか…。

 控訴趣意書の提出期限は残りあと13日間。そんな案件を、大学の先輩で顧問弁護士の望月睦夫
(津川雅彦)から持ちかけられる夏目連太郎事務所。夏目は、甲田の主張が真実かどうかを見極めるため、
早速被告人に接近する。事件当時、甲田は美容師として開業したばかりで、資金繰りに困っていたという。
そんな時、甲田の飲み友達である西嶋優二(鳥羽潤)を介して、寺川に1000万円の融資を相談する。
1000万円は厳しいという返事だったが、ある日「資金の用意ができた」と連絡を受け、甲田が寺川を訪ねると、
社長夫妻はすでに殺されていた。そして開いていた金庫には400万円が…。店を守りたい一心で、
警察へは届けずにその400万を持って逃げ去ったが、寺川を殺してはいないと主張する。

 控訴趣意書を提出しなければ控訴棄却。さらに、検察も夏目を目の敵にしているという完全逆風の中、
弁護士夏目の“逆転捜査”が本格的に始まっていく。夏目親子は、“事件に隠された真実”を見つけだすことが
できるのか?

2014年に撮影された渡瀬恒彦さんの主演ドラマ『判事失格!? 弁護士夏目連太郎の逆転捜査』フジテレビで3月24日放送
no title

no title

no title

no title


ソース
http://www.oricon.co.jp/news/2087723/full/

2:
良かったよ
あんたは良かった

3:
嫌なら見るな

4:
まんが日本昔ばなしの再放送はよ

5:
市原悦子さんも体調悪いらしい

6:
俺はこの人は好きじゃない。
と言うかあの声が嫌なんだよ。
あくまで俺の好みでどうでもいいけどね。

7:
この人で印象に残ってるのは
セーラー服と機関銃
ちりとてちん

8:
市原悦子のドラマはよく眠れる